.comment-link {margin-left:.6em;}

Wind Rose 風力発電のブログ

日曜日, 6月 12, 2005

「自然公園内での風力発電再検討を」と意見書

「自然公園内での風力発電再検討を」と意見書

http://www.chunichi.co.jp/00/gif/20050611/lcl_____gif_____009.shtml

高山市と下呂市境の御嶽山県立自然公園で計画されている風力発電施設の建設について、日本自然保護協会は十日、立地再検討を求める意見書を関係自治体などに提出したと発表した。
 建設を計画しているのは、名古屋市北区の斐太工務店。計画では、最大出力二千キロワットの風車(高さ百十八メートル、直径八十メートル)十基を、約五万二百四十平方メートルの国有林内に建設する。二〇〇六年六月着工、二〇〇七年十月使用開始を見込み、発電した電力は、中部電力に売却する予定。
 意見書によると、建設地は全域が、環境を保全すべき県立自然公園内であり、環境アセスメントの実施以前に、立地選択の段階で問題があるなどと指摘。同工務店が立地場所を再検討するよう林野庁中部森林管理局や岐阜県などに行政指導を要請した。これに対し、同県環境局は「適切なアセスメント方法を事業者と協議し、アセスメントの結果で事業の可否を判断する」としている。
 同計画は現在、同工務店で作成した環境アセスメント方法書の縦覧期間が終わり、十一日まで地域住民などから意見を募っている段階。同工務店は「寄せられた意見を勘案し、合意の得られるような計画をすすめたい」と話している。 (今川 和哉)
--------------------
自然公園保護のひとは 自然を守るために 自然公園があるのだから
風車を建てるなというだろうし。。。
風車側は人のいない風の強いところだから建てたいという。
自然公園は、スキー場やホテルという自然に親しむ施設は建設可能ですし、キャベツを作っている場所もある。
むずかしい。
 

1 Comments:

  • 難しい問題ですね
    ただ、今回の業者が、江差町第3セクターの会社の一つ。江差の案件は、ご存じの通り、ものすごく稼働率が悪くて問題になっているうえ、売電収入の50%をこの会社に支払うというやや不透明な取引があり、ちょっと心配です

    By Anonymous カリブの海賊, at 1:04 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home